FreeBSDなど珍道中記


以下は、黒柳の個人的なメモであり、その内容に関してはいっさい責任を持ちません。
own risk でどうぞ。

最新の情報は一番下です。一番下へジャンプ


その他のめも
cvsupを使ったOSアップデート方法

過去のめも
4.2R〜4.3Rなmemoはこちらに移動しました。
4.3R〜cvsupな環境以前のmemoはこちらに移動しました。
5.1R リリース(使っているのは4-STABLEですが)以前のmemoはこちらに移動しました。
4.9 リリース以前のmemoはこちらに移動しました。
5.4 リリース以前のmemoはこちらに移動しました。
athlon64マシン導入以前のmemoはこちらに移動しました。
ubuntuトライ以前のmemoはこちらに移動しました。
7-stable 以前のmemoはこちらに移動しました。
Expressサーバ導入以前のmemoはこちらに移動しました。
8-stable 以前のmemoはこちらに移動しました。


そろそろメインマシンを8-Rにしよう。ついでに binary update ができるようにしましょう。
-> 作業内容はこちら

自宅マシンのCPUを Q8400 にバージョンアップ。 Antec SOLO + Andy SAMURAI master の組み合わせはCPUの取り替えがとっても面倒。結局電源のねじを外して、電源を手前にずらして指をなんとか入れ込んだ。
さらに父親から使わなくなった17inch液晶ディスプレイをゲット。HDMI-DVI変換器を使ってデュアルディスプレイにする。
ここに落とし穴が...。ビデオカードのHDMI端子とDVI端子の間隔が狭すぎて、メイン用のDVI端子とHDMI-DVI変換器が両方同時に刺さらない!...さらにHDMIの角度可変コネクタを利用してなんとか接続。よけいな出費をしてしまった。
Mitsubishiの RDT178Sは TN パネルだそうだ。見え方が997とはだいぶ違う。まぁしょうがない。
FreeNXすばらしい。遠隔でubuntuにloginするにはベストの方法かも。
Evernoteに手を出す。Windows版のクライアントでフォントがデフォルトでメイリオにならなかったのは、インターネットオプションでのフォントの設定があまかったから。(おい)
補助オプションで「サイトの指定したフォントスタイルを使用しない」をチェックしてEvernoteを再起動すればOK。
Firefox4正式リリース。Palemoonから乗り換える。based on 4.0が出たらまた考えよう。->出ました。戻りました。
multirow bookmark も作者から対処法が出ていた。Stylishを併用するんだそうな。"ブックマーク"というボタンで1行使ってしまうのが残念。-> sidebar 常用に乗り換えよう。all-in-one-sidebar を使って右側に。
GMarxが未対応なので、Deng Google Bookmarksを導入。FEBEも7.0betaで対応。
テーマは FXChrome が実用的でよさそう。
Androidに手を出す。b-mobile wifi を IDEOS に変更。遅い...けどおもしろい。
b-mobile wifi でいつつながるのかわからず2分間待つよりは速い。
いろいろとごにょごにょやって、CPUクロックのセッティングを変える。
WIFI ←→ 3G+AP をワンタッチで"素早く(プロセス的に)"切り替えられると良いなぁ。
家のubuntuマシンのCPUを E1400 からお古の E7200 に切り替える。
んが、CPUファンを Q8400 付属のものにしようとして、力を入れすぎてすぐ横の電解コンデンサをおってしまった...。買ってこなきゃ。-> 買ってきました。高かった...。ハンダが全然のらなくて困った。
-> うるさいね。このファン。KABUTOにもどそう。^^;

パーツ交換の歴史。CPU,HDD,VGA,MEM,電源,CPUFAN,CPU...これって...原形をとどめていないような。
ケースとMOTHERを購入。さらにSSDを導入。
オリジナルのサーバマシンは影も形もなくなり、E7200な無騒音ubuntuマシンが完成しました...。
Windowsのパスワードを変更した場合、Acronis True Image の設定も変更しないとバックアップに失敗することが判明。
1ヶ月以上バックアップがとられていなかった。@_@;;;
FreeBSD8-R にあげてから、/etcの設定ファイルなどマージしていなかったことに気づく。げ、aliases...@_@;;;;;;
2007 Mid な iMac のメモリが1Gで、あきらかに空きメモリが少なかった。っていうかない!
ので、グッドウィルにて中古の2Gのメモリを2000円で購入。3Gになった!
中古のXperia(初代)に手を出す。IDEOSとはレスポンスが全然違うのでびっくり。google map がこんなにつかえるアプリだったとは。^^; GPSの測定速度も桁違い。
自宅のWindowsPCでchromeがインストールできずに困っていたんだけど、なんと TMPがC:にないとだめなんだって!
RAMドライブに指定していたからインストールできなかったんだ...。一時的にTMP,TEMPを変更して問題なくインストールできました。
CorelDrawX5 導入。インストールは D:\ProgramFilesの下へ。だってでっかいんだもん。
カスタムインストールで「そんなんいらん」と Windows shell extention を外す。
そしたらサムネイルが表示されず、Connectが使いにくいこと。-_-;;; 速攻で入れました。
臨時収入が2万円。なんにつかおっかなーと考えていたら、Galaxy S の中古が2万を切っていることが判明。これだ!
未使用品が19,800円だった。Xperiaより軽いし、バッテリー容量は多いし、いいかんじ。
portupgrade でいっきにパッケージを新しくしたら、 mew で ssl 経由のメール取得ができなくなった。
前の時も Makefile に一工夫してインストールしたので、今回もやってみたけどどうもうまくいかない。
ググってみると mew は 4.x な stunnel はサポートせず、 3.x を使えという記述を見つけた。
んで、本家の obsolete/3.x の下から 3.22 のソースを持ってきて野良コンパイル。--prefix は $HOME/package/stunnel3
こいつを見つけにいくようにPATHを設定($HOME/bin/FreeBSD/の下に ln -s )したらメールの取得ができた。ほっ。
以下追記:mew6.4から ver4.39以降に対応するらしい。
Firefoxの Evernote web clip が便利で使っているんだけど、firefoxを再起動するといつもlocalのevernoteに保存しようとする。
これだと自動的にクリップする領域を決めてくれないし、魅力半減。profile の中をいろいろ調べたところ、prefs.jsに webclipper3.is_desktop_selected を false にする設定を自分で記述したら解決できた。
設定が保存されていなかった模様。Evernoteのサポートに連絡しておいた。
ちなみに他のadd-onは extention."add-on名".hogehoge って感じの変数名をつかっているのに、こいつはいきなり webclipper3 ...。 いいのかなぁ...。

さらに、最近 webclipper3.is_first_start なんて変数が出てきて、こいつが true になっているとパスワードの聞き直しモードの入るらしく local にいってしまう。about:configでfalseにしたら幸せになった。
portsのapache が 2.2.21 になった。
pkgdb -u; portsnap fetch; portsnap update; portupgrade --batch apache でとりあえずこいつだけバージョンをあげる。
# /usr/local/etc/rc.d/apache22 restart
ついでに portupgrade -a --batch 。
自宅に Logicool TP500 タッチパッドを導入。今まで試したものの中ではベストかと。しかしでかいなぁ。
UnifyingレシーバがUSB端子からはずれなくなりました...。無理に力入れたら黒いプラスチックケースが外れた...
授業用に Vaio Z 2G を導入。カスタマイズバージョンだと Let's NOTE より安めで買える。ドッキングブルーレイドライブはやめ。
何がすごいって、起動速度! 4色のマークがぐるっと回って、Windowsマークになるじゃない? あれが Windowsマークになる前に起動しちゃう!!!おどろいた。
今のところファンも静かで授業用なら許容範囲でしょう。
あ、1600x900でも十分画素ピッチが小さいです...。
津邑先生に教えてもらった。screen が便利そう。
portinstall の config で全部チェックをつけようとしたら失敗したので、 portsからやり直し $ /usr/ports/sysutil/screen
$ make config -> 全部チェック
$ make
$ make install
$ make clean
使い方は http://www.dekaino.net/screen/index.html を勉強しよう。
Ubuntu 11.10 を Let's NOTE R3 にインストール。なんとサスペンドができた!
でも Firefox を起動して、URLを入力しようとしたらマウスが動かなくなった...。
いままでで一番相性いいかも。xubuntuにしてみようかな。
.bashrc で 「ひとつもscreenが起動していない」かつ「TERMがscreenではない」ときにscreenを起動するようにした。
こんなかんじ。
screen -ls | grep 'No Sockets' > /dev/null
if [ 0 -eq $? -a "screen" != "$TERM" ]; then
screen
fi

Let's NOTE R3 にubuntu 11.10 JP-remix をインストールした。ただインストールしただけで、ディスプレイの明るさ、音量、サスペンド、すべて正常に動作した。@_@
歴代のubuntuで初めてかも。これならつかえる!
さっそくxubuntu-desktopを導入。これはいけるぞ!
ctrl-capsの入れ替えは xmodmap を利用。でも .xmodmaprc に書いただけじゃ自動反映してくれないなぁ。
さらにlubuntu (lxde) を追加。これもよさそう。
ただし、lxdm はまだα状態のようで Fedora 以外はいろいろ問題があるそうだ。
たしかに lubuntu 以外がうまく起動してくれない。そこで xdm は lightdm に戻した。
$ sudo dpkg-reconfigure lightdm [CR]
Android-x86なんていうのがあるんですね。
VMWare上で genericなiso をインストールすると...動いた。:)
冷静に考えるとあまりメリットはないのだが。^^;;;
デスクトップ上で Android のアプリを使えるというだけでもいいかも。で、なにつかうの??? ^^;
AppleがiOSを擬似マルチタスクにしているのは大変な英断だったんだなぁ。
Androidは気をつけないと裏でバッテリーをすぐに消費してしまう。
「自動同期のOFF」「バックグラウンドでのダウンロードを許可しない」でどれだけバッテリー消費量が抑えられることか。ただし、この場合カレンダーを同期することができなくなってしまう。
電力が無尽蔵にあるなら Android の仕様も便利だと思うけど、こうすぐになくなるんではねぇ。
iOSならアプリを起動すればその段階で同期をかけることが可能。これで十分じゃん。
E8400なubuntu11.10で unity をやめて gnome shell にする。こっちの方がシンプルで好き。
ただし、AMDのドライバを使うと status bar が文字化けする。freeのドライバで十分使えるのでこっちで。
あと、gnome-tweek-tool で desktop で filemanager が云々というのを disable にしたのがよかったかも。
logicool TP650 を気絶した。これはほぼ完璧かも。受信側は外れなくなったTP500のものをそのまま利用
[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[まとめへのリンク]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]
cvsupを使ったOSアップデート方法